×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中学生 勉強方法

中学生の勉強方法は、まずは定期テストでの点数アップを目指します。そして実力を付けていき、全国模試や有名塾主催の模試で、力を発揮します。そのために教科にあった中学生の勉強方法をマスターして高校受験に合格するのです。英語、数学、国語、社会、理科、保健体育、技術、家庭、各教科の先生たちが推奨する勉強法とは?

TOP 勉強のコツ! 受験勉強対策 代ゼミ偏差値 河合塾偏差値
 

   スポンサードリンク  

 

英語・数学・国語・社会・理科など各教科の先生たちが推奨する勉強法で中学定期テスト点数アップ!

中学生の勉強方法は、まず、定期テストでの点数アップを目指すのがベストです。
そこで、どうすれば英語・数学・国語などの主要3教科や5教科、副教科などの成績を上げることが出来るか?

各教科の先生たちが推奨する勉強法を調べてみました。

具体的には、各教科の効果的なテスト勉強のしかたと準備するとよいものなどを調べてみると、意外な答えが・・・

さらに、中学生のための勉強のコツが見えてきました。このコツを掴むことで、これから先に待っている

 最大の難関!

              高校受験で合格するための勉強がはっきりわかります。

高校受験で合格するための勉強法を習得して難関国公立大学に合格するには?

最大の難関としたのは理由があります。中学から高校に進学。 そして、次は・・・・大学進学が待っています。
そうです。最終学歴となる大学です。 どうしても、最終学歴である大学が最大の難関であると考えがちですが、
そう考えることで、中学生ぐらいならまだ先のことだからと手を抜きたくなるのが人情です。

しかし、よく考えて下さい。高校進学時に、仮に三流高校に進学したとして、一流大学に合格できますか?
無理ですよね。一流大学に合格するにはやはり高校も地域でトップクラスの学校に通わなくてはいけません。

だからこそ、高校受験が最大の難関であり、しっかりと結果を出さなければいけません。そのために中学での
勉強はとても重要なのです。ここを乗り切れば後々大学へ進学するときにとても選択肢が広がります。


  公立高校受験 完全必勝マニュアル!


    公立高校受験 完全必勝マニュアル!の特徴マーク  >>■■覚えるチカラ&思い出すチカラが倍増する受験勉強で完全必勝する方法とは?■ 

■>>中学定期テスト点数アップ!主要3教科、5教科、副教科などの成績を上げる勉強法の具体例

効果的なテスト勉強のしかたと必要なもの

●国語
・教科書を10回以上読むこと。
・ワークや単元の各プリントで間違ったところを答えを確認しながら書き写しす。(見直して理解すること)
・どうしてもわからない場合は先生に理解できるまで聞く。
・授業の内容を思い出しながら、復習として確認するためにノートやプリントを読み直しをする。
※教科書・ノート・ワーク・単元の各テスト・単元の各プリント

●社会
・教科書を読み直して太字の重要語句の意味を理解し、しっかり書けるようにしておくこと。
・授業の内容を思い出しながら、復習として確認するためにノートやプリントを読み直し、ポイントを理解する。
・問題集やプリントを行い、答え合わせをして、間違えたところなどは繰り返し解き記憶する。
※教科書・ノート・ワーク・単元の各テスト・単元の各プリント・問題集

●数学
・教科書の問題や章の問題など繰り返し解き、正確に回答できるように反復練習する。
・ワークや単元のテスト問題を必ずもう一度行い、間違えたところなどは繰り返し解く。
・問題集の問題を解き、答え合わせをして、しっかりと理解できているか確認すること。
・どうしてもわからない場合は先生に理解できるまで聞く。
※教科書・ノート・ワーク・単元の各テスト・単元の各プリント・問題集

●理科
・教科書をラインを引きながら10回以上読むこと。
・ワークなどを答え合わせをしながら何度も繰り返し解き、正確に回答できるように反復練習する。
・問題集の問題を解き、答え合わせをして、しっかりと理解できているか確認すること。
※教科書・ノート・ワーク・単元の各テスト・単元の各プリント・問題集

●英語
・教科書を10回以上読むこと。
・重要な表現などは確実に覚えて、文章として読み書きできるようにしっかり覚えること。
・単語や基本文は、繰り返し書けるように覚えること。
・問題集の問題を解き、答え合わせをして、しっかりと読み書きできるように反復練習する。
※教科書・ノート・ワーク・単元の各テスト・単元の各プリント・問題集

●保健体育
・教科書やノートの見直しをして、重要な語句を中心にまとめて覚える。
・授業の内容を思い出しながら復習として実技の技術的なポイントを理解できているか確認する。
※教科書・ノート、他

●技術・家庭
・教科書やノートの見直しをして、重要な語句や作業手順など授業で学習したことをまとめなおす。
・授業の内容を思い出しながら復習として技術的なポイントや作業手順を理解できているか確認する。
※教科書・ノート、他

●まとめとして
どの教科もノートなどにもう一度まとめ直す(復習しながら確認)ことが、最も効果的で大切な勉強法です。

さらに、頭がよくなる勉強法 ・・
   
  ■詳しくは続きを・・・・・・>>>■<<<