×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

七五三へのお参りは感謝と願いの行事

明治神宮で七五三のお参りをする季節がやってきました。さて、どのようにお参りするのがよいのでしょうか? 七五三のお参りについて調べていますので参考にして下さいね。 では、まず七五三とは何?ということで、七五三の意味や慣わし、風習、最近の現象をお話します。 七五三とは、三才と五才の男の子と三才と七才の女の子の成長の感謝と将来への幸福を祈って神社に参拝する行事だというのは貴方もご存知の通りです。ただ、これには深い意味があったのです。 実は昔は、子供が3才まで生き延びることは大変だったのです。そうなると、5才、7才はもっと大変ということで、子供の成長と神様への感謝で神社にお参りしたのです。そして、3才、5才、7才という奇数の年にお祝いするのは、もともと日本では奇数を陽数、偶数を陰数と言い、奇数は縁起いいという考え方があります。例えば、元旦などもそうですが、節句が奇数の重なる日というのもこの考えから由来します。七五三は、元々は宮中や公家や武家の文化的行事でしたが江戸時代に、大衆文化にまで広がり、一般的に広く行われるようになりました。



明治神宮のおみくじは?

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社です。例年、初詣では参拝者数がもっとも多く、そのほかにも様々な祭典や行事や祈祷を行います。横綱の土俵入りは有名で、現在では横綱推挙式のほか、正月の手数入り(例年1月5〜7日ころ)と秋の相撲大会に横綱土俵入りが行われます。また、少し変わったところで明治神宮のおみくじは、一般神社で出している普通のありふれたおみくじではないのを知っていましたか、通常の神社では、吉凶を占う方法のおみくじです。しかし、明治神宮では・・・お参りのときに確認してみて下さいね。 さて、明治神宮での七五三のお参りですが、時期はいつがいいのでしょうか? やはり11月15日だという意識はあるでしょうが、もともとは必ずしも11月15日だとは限らなかったのです。ですから七五三は正月にも行われたりしていました。徳川六代将軍綱吉の子、徳松の祝儀が天和元年(1681)の11月15日だったことで、一般庶民がこれにあやかって行いました。それがこれまで続いてきたのですが、今では、11月の都合のいい日や1ヶ月以上前からでも参拝されるようになりましたので、ご家庭の事情にあわせて行って下さい。

明治神宮で七五三のお参りに欠かせない

明治神宮で七五三のお参りに欠かすことの出来ないものとは? 男の子には袴、女の子には振袖などの着物などを貸衣装などでレンタルして千歳飴をもった姿で、神宮でお参りしている様子の写真です。最近では、軽量小型化されたデジカメがありますので、必ず忘れずに持参して下さい。せっかくのお祝いです。七五三用に写真店ですでに写真を取ったことで安心してお参りに忘れるということがあります。七五三での千歳飴をもった姿での写真や映像は子供がどれほど親に愛されているか、心に沁みる愛情を感じる思い出の名場面です。これだけは、忘れないでください。


タダで稼ぐ方法!

 ■■■ 七五三費用無料で稼ぐ!秘密の方法はココだよ! ■■■