×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

熱田神宮 七五三のお参りは感謝と願いの行事

七五三とは、3才と5才の男の子と3才と7才の女の子の成長の感謝と将来への幸福を祈って神社に参拝する行事だというのは貴方もご存知の通りです。愛知県では特に有名な熱田神宮(あつたじんぐう)は、この時期七五三のお参りでとてもにぎわいます。

熱田神宮(あつたじんぐう)とは、愛知県名古屋市熱田区にある神社で、祭神は熱田大神であり、三種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのつるぎ。天叢雲剣)を神体としています。
この三種の神器の一つ草薙神剣は壇ノ浦の戦いで遺失したとも神宮に保管されたままとも言われていますが、日本武尊(やまとたけるのみこと)が、神剣を名古屋市緑区大高町火上山に留め置かれたまま三重県亀山市能褒野でなくなられ、尊のお妃である宮簀媛命(みやすひめのみこと)が、ここ熱田の地にお祀りになられましたそうです。
以来伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として特別のお取り扱いを受ける一方、「熱田さま」と呼ばれ親しまれてきました。樹齢千年を越える楠をはじめとする6万坪の境内は、古来「蓬莱島(ほうらいじま)」として有名です。 
また、熱田神宮宝物館には、2千年にわたる篤い信仰の歴史を物語るものとして、国宝や重要文化財および、皇室や徳川将軍家、尾張徳川家などから寄進された品々が多数収蔵展示されています。



七五三はなぜ11月15日?

七五三は、11月15日にお参りするものだということはご存知だと思います。これは、徳川六代将軍綱吉の子供である徳松を、天和元年11月15日に祝ったことにより、これにあやかりたい一般庶民が自分達の子供の七五三のお祝いを11月15日に行いました。 それによって、七五三のお祝いが11月15日に定着したのです。しかし、それも近年では徐々に早まり、今では、1ヶ月以上前からでも参拝するようになりました。これは、現代の事情により早まったようですが、それがなぜなのか、知っていますか? 現代ならではの事情というのが良くわかる出来事で、実はレンタル衣装を着付けて写真をとる写真館での事情が関係しているのです。 レンタル衣装や写真館では、一度にたくさんの子供達の写真を撮るのにはどうしても無理を生じます。レンタル衣装や着物なども、同じ日にたくさんお客がきてもどうにも出来ません。ですから、早期割引で早めに予約を取り、早め、早めに衣装を貸し出し、写真をとるようになったのです。 そうすることで、お参りも徐々に早まり、今では9月から七五三の参拝者受け入れ準備を整える神社が増えたのです。

熱田神宮 七五三のお参り

●熱田神宮で七五三のお参りするのなら、衣装・記念写真・ご祈祷がセットになった便利な七五三パックをご利用下さい。
つきましては、ご予約が必要となりますので、詳細につきましては下記にお問合せ下さい。
フリーダイヤル 0120−168−753
受付時間    10:00〜17:00

●七五三のご祈祷につきましては、ご予約は必要ございませんので、ご家族そろってお参り下さい。
奉仕期間   10月1日〜11月末日(期間中毎日)
受付時間   8:30〜16:00 
祈祷料    6,000円より
受付場所   ご本殿向かって右側の「祈祷受付」にて
おさがり   お守り、七五三福笹飴など
お問会せ先  052−671−4152 熱田神宮祭務部

●熱田神宮 七五三お参りの駐車場
  * 東 門 (約300台)
  * 西 門 (約40台)
  * 南 門 (約60台)
  * 大型バスは西門の指定場所に駐車願います。
  * 駐車場は基本的に午後5時に閉門します。
   夜間ご利用の場合は西門の指定場所に駐車願います。
注意:祭典行事等で駐車場の使用を制限する場合がありますのでご了承下さい。


七五三は、11月15日にお参りするもの?

七五三は、11月15日にお参りするものだということはご存知だと思います。しかし、今では1ヶ月以上前からでも参拝するようになりました。これには、レンタル衣装や着物など事情で、同日にたくさんお客がきても対応できないために、早期割引で早めに予約を取り、早め、早めに衣装を貸し出し、写真をとるようになったことで、お参りも徐々に早まり、今では9月から七五三の参拝者の受け入れ準備を整える神社が増えたのです。


タダで稼ぐ方法!

 ■■■ 自由な時間も手に入れた秘密の方法はココだよ! ■■■